車通勤の疲れを感じている看護師の対策

 看護師として働いてきて結婚生活を始めると、それまでは職場の近くに住んでいた人も離れた場所に住むようになることがあります。
パートナーの勤務のしやすさとのバランスを取ったり、プライベートを確保するために職場から離れたところに住んだりしたいという理由が多いでしょう。
その結果として車通勤しかできないような場所や通勤が片道1時間以上の場所など遠い場所にに住む場合もあります。

 運転が苦手ではないから大丈夫だと最初は考えていても、引っ越しをして通勤するようになってみるとだんだんと疲れを感じてしまいがちです。
しかし、過労になっている状態で車を運転するのはリスクが高く、さらに職場での仕事にも支障が生じてきてしまう可能性があります。
このような危険な状態にならないように対策を立てることが大切です。

 看護師の場合には転職が有用な選択肢になるでしょう。
職場と自宅の位置の問題を解消するというのが一つの考え方です。
自宅の近場に職場を探して転職すれば車通勤の負担も軽減されて過労に悩まされることが減ります。

 一方、通勤にかかる時間ではなく仕事の時間の方に着目するのも良い対策です。
勤務時間を短くして働くことができる職場を選ぶと、過度の仕事の負担による疲れを減らすことができます。
私生活のための時間が確保しやすくなるというメリットもある方法です。
場合によっては転職をせずとも職場で待遇を変更してもらえる可能性があるのでまずは上司に相談して可能かどうかを聞いてみるのも得策でしょう。